宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

その他

相続放棄が却下される理由とは?お葬式の後には困らないために

家族葬やオンライン葬儀などの形に関係なく、お葬式の後には相続の手続きが発生します。遺産相続における相続放棄とはプラスの資産もマイナスの資産もすべて相続しないことを言います。マイナスの資産=負債、借金などが多い場合や特定の相続人に遺産を集中させたい場合などにも相続放棄をします。その相続放棄ですが、家庭裁判所に申請をして、受理されて初めて有効となりますが、一部の申請は却下されてしまいます。また却下された場合は再審理をしてもらうために高等裁判所に申し立てをすることが必要です。本コラムでは相続放棄の申請が却下される理由とその対策をみていきましょう。

まずは、遺産相続の基本的な流れを知りたい方は、こちらをご覧ください。

お坊さんのいないお葬式 コラム:遺産相続の流れと押さえておくべきポイント

【目次】
1.相続放棄が却下される理由 その1
2.相続放棄が却下される理由 その2
3.相続放棄が却下されたらどうしたらいいの?
4.今回のまとめ

1.相続放棄が却下される理由 その1

相続放棄が却下される理由とは?その対
相続放棄が家庭裁判所にて却下される理由のひとつは期限に間に合っていないというのが多いようです。相続放棄ができる期間は被相続人(亡くなった方)が亡くなって、相続開始を知った日から3ヵ月以内にしかできません。この相続開始を知った日という意味合いは多くの場合被相続人(亡くなった方)が亡くなったことを知った日=死亡日またはその翌日が当てはまります。また先順位者が相続放棄をしたために、自分に相続する権利が移った場合は、それを知った日が相続開始を知った日として認められています。
この3ヶ月間に相続の取り扱いについて決定をする必要があり、話し合いが難しいから放置しておいた、財産が少ないので関係ないと思っていたなどの理由では却下されてしまいます。
この期間を逃してしまうと相続放棄をすることはできなくなります。

2.相続放棄が却下される理由 その2

相続放棄が却下されてしまう理由のもうひとつは法定単純承認に該当したためです。これは被相続人(亡くなった方)の財産を処分=使用した際に適用されるもので、相続をしていないのに、処分=使用をする行為が単純承認したという扱いになります。
例えば、被相続人(亡くなった方)の葬儀代金を手続きなしに、金融機関口座から引き落とした場合などは財産の処分となり、自動的に単純承認となってしまいます。相続前に被相続人(亡くなった方)の財産に手を付ける場合は正式な手続きが必要です。

参考:お坊さんのいないお葬式コラム 
   遺産相続の単純承認?限定承認!?相続放棄?
   相続放棄と相続税の納税猶予(国税庁HPよりページ参照)
  

3.相続放棄が却下されたらどうしたらいいの?

相続放棄が却下される理由とは?その対
一度却下されると家庭裁判所での再度の申立てはできません、却下されてから2週間以内に高等裁判所に即時抗告をして審理をしてもらいます。しかし、一度却下になっているためよほどの準備をしていかないとうまくいかない場合が多く、弁護士等の専門家に依頼することをおススメします。

4.今回のまとめ

相続放棄が却下される原因は申立ての期限切れ、そして知らずにやっている可能性もある被相続人(亡くなった方)の財産の処分=使用が原因であることがほとんどです。無知だから許されるというものではなく、相続放棄が受理されなければ相続放棄をすることはできませんので注意が必要です。お坊さんのいないお葬式では、相続問題専門の税理士、行政書士・司法書士事務所と連携をしており、相続問題全般の相談や相続放棄などの相談も受けることが可能です。また、初回1時間の無料相談がついていますので、相談からスタートしてみるのがおススメです。

お坊さんのいないお葬式 新着情報 相続・遺言関連サービスをご案内出来るようになりました!

電話をかける(無料) 資料請求