宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

法事・法要

一周忌における正しい香典の書き方とは?表書き・香典袋・金額相場も解説

人によっては故人や親族との関係性から、お通夜や葬儀だけでなく、四十九日法要や一周忌といった追善供養へのお誘いを受けることもあります。そうした際に必須となる香典について、金額や書き方が状況によって変化することをご存じでしょうか?
今回は一周忌にスポットをあてて、香典の表書き・香典袋・金額相場やマナーを解説していきます。

【目次】
1.一周忌法要(法事)とは?
2.一周忌の香典の書き方とは?
3.一周忌の香典金額の相場とは?
4.一周忌の香典におけるマナー
5.今回のまとめ

一周忌法要(法事)とはそもそも何?

一周忌における香典の解説をしていく前に、まずは一周忌とはそもそもどういった物なのかをお話していきます。
一周忌とは人が亡くなってから満1年が経過してからされる法要のことで、一般的に一周忌を迎えるまでを喪中期間としています。似たような単語に「一回忌」というものがありますが、これは故人の命日を指しています。
また、法要と法事の意味も正確には違いが存在しており、宗教儀式が終わった後会食(お斎)がある方を「法事」、ない方を「法要」と区別しています。

一周忌の香典の書き方とは?


ここでは一周忌の意味合いを理解していただいた上で、持参する香典の書き方について解説していきます。一周忌の香典を準備するのであれば、「お札」「香典袋」「袱紗(ふくさ)」が必要です。その中でも香典を入れる「香典袋」の表書きは間違って理解したまま書いてしまうと、遺族や親族に悪印象を与えてしまいますので、下記を参考に正しい知識を身に着けてください。

前提

前提として理解しておかなければならないのは、一周忌の表書きは”濃い墨”で書かなければならないということです。お通夜や葬儀だと「悲しみで強く筆を握ることができなかった」「涙で墨が薄くなってしまった」という理由から薄墨がよいとされていますが、一周忌ともなれば悲しみを前面に出す必要がないという訳です。
ただし、地域や宗派によっては薄墨を基本としている可能性もあります。

表書きの書き方

香典は仏式特有のものではなく、神道やキリスト教といった他宗教にも存在しています。しかしながら宗教観の違いなどから、香典袋に書く表書きが違いますので宗教ごとに詳しく解説いたします。

仏式

仏式での一周忌の香典袋には「御仏前」「御供物料」「御香料」の内のいずれかを書きます。水引は黒白・青白か双銀が一般的だとされていますが、一部地域では黄白を選ぶこともあるようです。また、水引の結び方は「結びきり」や「あわじ結び」といった一度きりという意味をもった結びがおススメです。

神式

神式での一周忌の香典袋には「御神前」「御玉串料」「御榊料」といった文字を書きます。水引は白一色のものがベストですが、仏式のように黒白・青白・双銀でも問題はありません。結び方も仏式同様に「結びきり」「あわじ結び」で構わないでしょう。
ただし神式では、仏教と繋がりの深い蓮の花が描かれた香典袋は相応しくないとされているため、白無地のものを選んでください。
なお、神式では一周忌のことを一年祭といいます。

キリスト式

キリスト式での一周忌の香典袋には特に注意が必要で、カトリックなら「お花料(御花料)」「御ミサ料」、プロテスタントなら「お花料(御花料)」「忌慰料(きいりょう)」と書きましょう。そもそもキリスト教では死に対する理解が仏式・神式とは違いますので、分けて考えることが大事です。
なお、キリスト式では一周忌のことを「死者祈念ミサ」といいます。

名前の書き方

香典袋は表書きの下部、ちょうど水引の辺りに、その香典が誰からの物なのか分かるように名前を書き入れます。フルネームで書くことを基本ルールとしており、香典が個人からの物であれば個人名を、夫婦からの香典の場合は夫のみをフルネーム・妻は左側に名前だけを、複数名からの香典の場合は右端から立場順にといった具合で状況に合わせて記述する必要があります。
会社や学友からだと〇〇一同・〇〇株式会社〇〇部一同とすれば問題ありません。

内袋の書き方

香典は表書きだけでなく、内袋にも心遣いが求められます。まず、香典袋を開けずとも中身が一瞥しただけで分かるように金額を旧字体で書きます。例えば香典金額が3万円なら参萬圓といった具合です。
次に内袋の裏側、左下部分に住所と名前を記述します。これは香典返しをする時に必要となる情報ですので忘れずに書いておきましょう。最近では香典返しを後日ではなく、当日に渡す当日返し(即日返し)も流行っています。

一周忌の香典金額の相場とは?


これは一周忌に限定した話ではありませんが、香典の金額は故人との関係性によって変化します。今回は下記で関係別における一周忌の香典相場をご紹介いたします。

関係別の一周忌の香典相場

ここでは故人との関係が親・祖父(祖母)・友人・会社関係者だった時の状況別で相場を解説いたします。

親だった場合

仮に自らの親の一周忌だった場合、香典金額の相場は1万~10万程度です。地域や関係性によっても変化しますが、無難なのは3万~5万代といったところでしょうか。

祖父(祖母)だった場合

一周忌が自らの祖父(祖母)だった場合、香典金額の相場は5千~3万程度が普通です。核家族化が進む昨今では少数派かもしれませんが、家庭によっては祖父(祖母)と同居していることもあります。そうした場合には親と同等の金額を香典として包むこともあります。

友人・知人の場合

一周忌が自らの友人や知人のものだった場合、香典金額の相場は3千~1万程度です。特に学生同士だと自由に使えるお金も多くないことと思いますので、そうした時には無理しない範囲で香典を準備するようにしましょう。

会社関係者の場合

一周忌が自らの会社関係者のものだった場合、香典金額の相場は5千~3万程度です。特に会社関係者に香典を送る際には合同で資金を募って渡したり、会社の福利厚生から出すこともありますので、こちらはあくまで参考としてお考えください。

一周忌の香典におけるマナー


忌明けともなる重要な節目である一周忌の香典には、書き方以外にもいくつかのマナーが存在しています。下記でいくつかご紹介いたしますので、万全の準備を整えてください。

一周忌の香典におけるマナー

一周忌の香典には表書きや金額以外にもマナーが求められます。

新札は避けるべき?

お通夜や葬儀に参列する際、予め準備していたと捉えられないように、香典に新札は使わないというのは有名な話だと思います。しかし一周忌ともなると大体の日取りを把握することは難しくありません。そのため新札を香典に入れることは問題ないのではという疑問をお持ちの方は多いことと思います。
結論的には問題はありませんが、マナーの観点からは避けた方が無難といえます。
人によっては香典に新札が使われていることを快く思わない可能性もありますので、万全を期すのであれば使用感のあるものor使用感を演出したものを入れるようにしてください。
また、香典袋からお札を取り出した際に肖像画が見えるように配置するマナーは、お通夜・葬儀だけでなく一周忌でも同様です。

香典の持参方法とは?

香典は一般的に「袱紗(ふくさ)」と呼ばれる専用の物に包んで持参します。最近では袱紗のカラーバリエーションも豊富になってきており、購入時には迷ってしまうこともあるとは思いますが、一周忌という弔いの場に適した「寒色系」を選ぶようにしましょう。

香典金額に偶数はあり?

基本的にお通夜・葬儀に参列するのであれば、香典は奇数が基本とされています。それでは一周忌の場では偶数金額はありなのでしょうか?最近では、比較的そうした「縁が(割り)切れる」からという意味で偶数を避けなければならないという意識が希薄化してきている地域もあるようですが、マナーの観点からすれば避けたほうがよいでしょう。ただしどうしても用意できる金額がそれしかないという場合や、複数人でお金を集めたら偶数になってしまったというのであれば事情を話しておくことでトラブルは避けられます。

今回のまとめ

今回は一周忌の香典における正しい香典の書き方について詳しく解説してきました。人が亡くなった満1年後にされる一周忌では、遺族・親族の方もショックから徐々に立ち直り、日常を取り戻しつつある時期でもあります。しかし香典の渡し方や準備の方法で当日不快な思いをさせてしまうこともありますので、今回の記事を熟読し、トラブルなく香典を渡せるよう備えてください。

電話をかける(無料) 資料請求