宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

著名人のお葬式

仰木彬さんの葬儀 ~野球監督のお葬式~

昭和30年代に西鉄ライオンズで正二塁手として活躍し、引退後には西鉄・近鉄・オリックスのコーチ・監督を歴任した名監督、仰木彬さんの葬儀について紹介いたします。

【目次】
1. 仰木彬さんはどんな人?
2. 仰木彬さんの死因と葬儀内容とは
3. 仰木彬さんの葬儀まとめ

仰木彬さんはどんな人?

仰木彬
仰木さんは1935年福岡県で誕生しました。父親を太平洋戦争で亡くし、母の手1つで育てられていたため、中学校の頃には「八幡製鉄へ就職して母親を安心させたい」との思いから工業高校への進学を希望していたそうです。しかし野球部での活躍に目を付けた東筑高校OBよりの説得を受け、東筑高校へ入学。投手・四番打者として活躍をし、1953年には夏の甲子園への初出場を決めます。
1954年、西鉄ライオンズへ投手として入団するも、1年目の春季キャンプでの投球をみた監督から二塁手へのコンバートを命じられたため二塁手に転向。すぐに才能が開花し、1年目からレギュラーとして定着し、同年のリーグ優勝にも貢献します。打率はあまり高くなかったものの、チャンスメーカーやつなぎ役としての役目を果たし、チームの柱として以降活躍をしました。
1967年に現役を引退後、69年までは西鉄でコーチを務め、70年からは近鉄へ。1987年オフには近鉄監督に就任します。1年目リーグ優勝は奇しくも逃すものの、前年度最下位のチームを率いてのドラマティックな優勝争いであったため、その好采配は「仰木マジック」と呼ばれるようになりました。1992年に近鉄監督を勇退するまでには野茂英雄や赤堀元之など後のチームを支える若手選手を多数育成しました。
1994年よりオリックス・ブルーウエーブの監督に就任。それまで二軍生活を続けていたイチローを見出します。当時『鈴木一郎』の名前で選手登録をしていましたが仰木さんの薦めによって『イチロー』を名乗り、一軍で抜擢、すぐに大活躍させます。その後も田口壮やパンチ佐藤をはじめ多くの選手が仰木さんの手腕によって停滞していた才能を次々と開花させていきます。
1995年に阪神・淡路大震災が発生し、神戸に本拠地を置くオリックスは大きな被害を受けました。一時は試合開催すらも危ぶまれる状態であったものの『がんばろうKOBE』を合言葉に健闘し、オリックス初のリーグ優勝に導きました。

仰木彬さんの死因と葬儀内容とは

仰木彬
2001年オフにオリックス監督を退任。2004年には野球殿堂入りを果たします。殿堂入り記念パーティーのスピーチで「今日のパーティーでございますが、これは私の生前葬だと思っております」と語りました。実はこの時点ですでに肺がんが発覚しており闘病を続けていたのですが、公にはされていない事実でした。一部の球界関係者のみがその事実を知っていたのですが仰木さんに懇願され、内密にされていました。
その年にチーム合併によって誕生した、新生『オリックス・バッファローズ』より監督就任要請を受け現役復帰したものの体調は優れず、闘病をしていた肺がんは完治してはいませんでしたが、「グラウンドで倒れたら本望」と病をおしての監督就任でした。しかしながらグラウンドでは気丈に振舞っていたものの後半戦に向かうにつれ明らかに体調を崩している様子が周囲から確認されていきます。その年のペナントレースの結果は4位。プレーオフ進出は逃したものの、3年連続最下位に沈んでいたチームを躍進させました。
その後球団から監督続投要請を受けるものの、高齢と健康状態を理由に退任を決め、2005年オフに監督引退をします。

監督引退後、体調が急激に悪化し入院。引退からたった2か月後の2005年12月15日、肺がんによる呼吸不全のために逝去しました。
葬儀は本人と家族の意向で、親族のみの密葬にて執り行われました。
その後、翌年2006年には球団主催のお別れ会『天国に送る会』が神戸市内のスカイマークスタジアム(現:ほっともっとフィールド神戸)で行われ、仰木さんの別れを惜しみました。
お別れ会ではスタジアムのいつも座る椅子に花束・ユニフォームが置かれ、雪が降りそうな寒空の下、5000人以上のファンが集まり、白いカーネーションを仰木さんへ捧げました。
また仰木さんの故郷である福岡県中間市でも神戸での会に日時を合わせ友人らが『天国に送る会』を行いました。

3. 仰木彬さんの葬儀まとめ

名監督として野球界に貢献し、多くの日本人メジャーリーガーを輩出した仰木彬さん。仰木さんに関わった多くの選手が仰木さんのことを「師匠」「尊敬する人」を公言しており、死後もなお多大な影響を与えています。

電話をかける(無料) 資料請求