宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

著名人のお葬式

内田裕也さんの葬儀~ロックミュージシャンのお葬式~

ロックミュージシャンであり、女優・樹木希林さんの夫でもある内田裕也さん。娘さんはエッセイストの内田也哉子さん、娘婿は俳優の本木雅弘さんという、言わずと知れた芸能一家です。個性的な生き方で、音楽だけでなく、度々ワイドショーを賑せることのあった内田さん。
今回は、内田裕也さんの葬儀についてご紹介いたします。

【目次】
1. 内田裕也さんはどんな人?
2. 内田裕也さんの葬儀内容とは
3. 内田裕也さんの葬儀のまとめ

内田裕也さんはどんな人?

ライブ
内田裕也さんは、1937年11月17日に兵庫県西宮市に生まれました。本名は内田雄也で、芸名と読みは一緒になります。
少年時代は発明に凝るなど、真面目で勉強熱心なタイプで、中学時には生徒会副会長を務めます。
しかし、エルヴィス・プレスリーに憧れたことで、最初に入学した高校を退学し、1956年に別の高校に転校しています。高校卒業後には、日本大学法学部の夜学に通学していますが、途中で中退しています。
その後、バンドボーイとして音楽生活を開始し、間もなく佐川ミツオ(現・佐川満男)さんとともにバンドボーイ兼ボーカルとしてロカビリーバンドのブルー・キャップスを結成します。
1958年には、自身がバンドマスターのブルージーン・バップスを結成。メンバーには美川鯛二(現・中村泰士)さん、北原謙二さんなどがいました。
1959年には、大手芸能事務所である渡辺プロダクションに所属し、同年に日劇ウエスタンカーニバルへ初出場しています。
1960年には、かまやつひろしさんなどとサンダーバードへ参加しますが、ジャズ志向が強いバンドであったため脱退し、山下敬二郎さんとレッド・コースターズ、田川譲二さんとダブル・ビーツなどを結成し、様々なバンドを渡り歩いています。
また、1962年には、寺内タケシさんとブルージーンズにヴォーカリストとして参加します。
更に1963年には、恩地日出夫監督の『素晴らしい悪女』に映画初出演。その後も、1965年公開の『エレキの若大将』に勝ち抜きエレキ合戦の司会者役で出演し、ジョークを交えた軽妙なセリフと演技をしました。

1960年代中頃から、ベンチャーズやビートルズの影響により、ロック色を強めた活動に転換していきます。
1966年6月のビートルズ日本公演では、尾藤イサオさんとのツインボーカル、バックにジャッキー吉川とブルーコメッツ、ブルージーンズを従えた特別編成のバンドで前座として出演(「ウェルカム・ビートルズ」など数曲を演奏)しています。
その後東京へ活動の場を移し、ジャズ喫茶・新宿ACBなどからステージ・再デビューや内田さんのバック・バンドを足がかりに活動を広げる計画を持ちかけます。
しかし諸事情で頓挫し、内田さんは広い人脈を築きながら裏方的な役割を志向しますが、プロダクション配下で行う芸能活動と両立できず、また、会社側に提案したロック音楽プロデュースという役割も当時は理解されなかったため、退社する状況に追い込まれてしまいます。
1967年、春頃から3か月ほどヨーロッパに渡り、各国を放浪する中で、クリーム、ジミ・ヘンドリックス、ピンク・フロイド、ジャニス・ジョプリンなどの新しいロックを体験します。
その経験を活かし、同年11月に麻生レミさんをボーカルとしてフラワーズを結成し、ジャニス・ジョプリンやジェファーソン・エアプレインなどのカバーを中心に、ジャズ喫茶でのライブ活動を展開します。
1969年、1月にフラワーズのデビュー・シングル「ラスト・チャンス」、同年7月にはアルバム「チャレンジ!」が発売されますが、セールスには繋がりませんでした。
同年の年末にフラワーズへ参加したジョー山中さん、石間秀樹さんによりサウンド面が強化されます。
1970年にメンバーの麻生レミさんと小林勝彦さんが渡米のため脱退すると、メンバーを新たにピックアップしてフラワー・トラヴェリン・バンドとして再編成しますが、内田さん自身はボーカルを降りてプロデュースを担当するようになります。同年10月にデビュー・アルバム「Anywhere」を発表します。
また、大坂万博で出会ったヴィンセント・フスコーに興味を持ったことで、12月には内田さん自身とメンバーはカナダへと渡りました。
1971年、4月に当時発足したばかりのワーナー・パイオニアのアトランティック・レーベルから、フラワー・トラヴェリン・バンドとして2枚目のアルバムとなる『SATORI』を発売。
その後、続々とアルバムを出しますが、1973年4月の京都円山公園でのコンサートを最後にフラワー・トラベリン・バンドは活動を休止しました。
1973年、初のソロアルバム『ロックンロール放送局(Y.U.Y.A 1815KC ROCK’N ROLL BROADCASTING STATION)』を発表。
10月には悠木千帆(現・樹木希林)さんと結婚。12月には年越しロックイベント「フラッシュ・コンサート」を開催します。

楽譜
1974年8月にワンステップフェスティバル、1975年8月に第1回ワールドロック・フェスティバルの主催、ジェフ・ベックやニューヨーク・ドールズなどの来日に尽力するなど、1970年代中盤からは国外アーティストの招聘に労力を注ぎました。
1970年代後半からは映画俳優としても活躍し、神代辰巳監督の『嗚呼!おんなたち 猥歌』では、本人のキャラクターを活かした歌手役を演じました。
また、『コミック雑誌なんかいらない!』『魚からダイオキシン!!』では脚本・主演を兼ね、一定の評価を得ています。
1979年1月、妻の樹木さんが『ムー一族』の打ち上げパーティーの席上、番組プロデューサーの久世光彦と番組出演者の不倫を暴露し騒動となります。
騒動を聞きつけた内田さんはパーティー会場へ乗り込もうとしますが、入店を断られたため店員と押し問答となった揚句、パトカーが出動する騒ぎを起こしました。
1981年には、離婚届を区役所に提出するも、樹木さんが離婚を認めず、訴訟となった結果、離婚無効との判決が下りています。
また、1991年には東京都知事選挙に立候補し、対立候補である浜田マキ子さんと共闘。
結果的には落選しますが、無所属ではトップの票(5万4654票、16人中5位)を獲得しました。
シンガーでありながら1985年以来シングル盤を発表していませんでしたが、2014年に29年ぶりにエイベックスから「シェキナベイベー」を指原莉乃さんとのコラボレーション・デュエットという形で発売しました。
晩年は、2017年11月に脱水症状を起こして緊急入院するなど、怪我や病気が続いたことで体力が低下し、自身が主催する恒例の年越しライブ「New Years World Rock Festival」では車椅子で出演していました。

内田裕也さんの葬儀内容とは

2019年3月17日、肺炎のため入院先の病院で内田裕也さんは亡くなりました。享年79歳でした。
内田さんのお別れの会「Rock’n Roll葬」は、4月3日に東京・青山葬儀所で行われました。
喪主は、長女の内田也哉子さん。葬儀委員長は内田さんの生前のご意向で、ともに業界を開拓してきた「戦友」である田辺エージェンシーの田辺昭知社長が務めました。
会場者には関係者、ファンなど約950人が参列しました。
祭壇は、内田さん主催で46年続いた「New Years World Rock Festival」の第1回公演のために美術家の横尾忠則さんが制作したポスターを草花で再現したもの。
ポスターを真似て、祭壇の左には富士山、右にはピラミッド、真ん中にはエベレストが再現されています。中央には、内田さんの生き方そのものである“Rock’n Roll”の文字が大きく添えられています。
幅16m、高さ3.5mの祭壇には、菊やバラ、ダリアやユリなど、総数15,000本もの花で白一色に飾られました。
遺影は、2009年に出版された、近田春夫さんプロデュースのインタビュー本「内田裕也 俺は最低な奴さ」の中で撮り下ろされたものを使用しました。
さらに、内田さんの動く遺影としてLEDモニターを祭壇の中に設置。「2019年New Years World Rock Festival」において、人生最後の歌唱となった、「きめてやる今夜」などの貴重な映像が流れました。
弔辞を奉読したのは、堺正章さん、映画監督の崔洋一さん、ロック歌手の鮎川誠さん、美術家の横尾忠則さん。
そして、ご遺族の希望により、歌手のAIさんが、アメイジング・グレイスを歌い上げました。
内田さんの戒名は、「和響天裕 居士」(わきょうてんゆうこじ)です。「天国でも音楽を奏で続け、平和を願う」との意味をこめて名付けられたといいます。

内田裕也さんの葬儀のまとめ

口癖の「ロケンロール」(Rock’n Roll)の通り、ロックンロールひとすじの人生だった内田裕也さん。
生前から、ご自身の葬儀は「盛大に」と言っておられた通り、たいへん華やかで盛大なお別れ会になりました。
長女の内田也哉子さんの謝辞では、「79年という永い間、父がほんとうにお世話になりました。最後は、彼らしく送りたいと思います。Fuckin’Yuya Uchida, don’t rest in peace. just Rock’n Roll!!!」と締めくくられています。
最後まで自身の生き方を貫き通した内田裕也さんの姿は、これからもミュージシャンを始めとする多くの方の記憶に残ることとなるでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求