宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

著名人のお葬式

前田健さんの葬儀 ~お笑い芸人のお葬式~

2016年4月26日に「マエケン」の愛称で知られる、芸人であり俳優の前田健さんがお亡くなりになりました。前田健さんはあややのモノマネで有名になり、活動は芸人の域を超えて、俳優、振付師や映画監督などマルチに活動していました。
今回はそんな多くの面で支持された前田健さんの葬儀・お別れ会について詳しく解説していきます。

【目次】
1.前田健さんはどんな人?
2.前田健さんの死因とは
3.前田健さんの葬儀
4.前田健さんのお別れ会について
5.前田健さんの葬儀まとめ

前田健さんはどんな人?

アメリカ
前田健さんは1971年6月14日、東京都杉並区に生まれました。
ダンスに興味のあった前田健さんはダンスを学ぶために高校卒業後に米国に行き、マンハッタンに4年間在住しました。 そして、米国滞在中に、ブロードウェイダンスセンターで3年10か月間、ダンスと歌の個人レッスンを受けます。振付師として活躍するほどのダンスの技術はこのとき手に入れたようです。

その後、1994年に帰国するとタレントとして活動を始めます。そして当時アイドルであった松浦亜弥さんのモノマネで大ブレークします。ダンスと歌を本格的に勉強していただけあって、モノマネにもダンスと歌のキレが活かされています。そのクオリティの高いモノマネは松浦亜弥さん本人からも似ていると認められ評判となりました。モノマネ番組やバラエティ番組でモノマネを度々披露し、ついには松浦亜弥さんとセガのゲームソフト『ぷよぷよフィーバー』の広告で共演したこともあります。

また、意外と知られていないかもしれませんが人気アニメであるプリキュアシリーズの振り付けを手掛けたのも前田健さんです。2009年放送の『フレッシュプリキュア!』から『スマイルプリキュア!』までのプリキュアシリーズ4作品ものダンスの振付を担当しました。劇中でも主人公たちを見守るドーナツ屋の「カオルちゃん」役の声優としても参加しており、振り付けだけでなく作品に深く関わったことがわかります。
その他にもAAAさんの「Champagne Gold」や風男塾さんの振り付けをいくつか担当していたりと振付師として大いに活躍していたのではないでしょうか。

さらに、前田健さんは俳優としてもご活躍されており、たくさんの作品に出演しています。「20世紀少年 第2章 最後の希望」や「今日からヒットマン」など俳優の才能を活かし多くの作品で活躍しました。

ちなみに、芸人・振付師・俳優として活躍された前田健さんですが、なんと映画監督としてもご活躍されていました。前田健さんが初めて映画監督を務めた作品は、2009年に前田健さん自身が書き下ろした処女小説「それでも花は咲いていく」でした。監督を務めた理由に対して、前田健さんは「映画化の話をいただいた時に、絶対に自分で形にしたい、他の人には監督を譲りたくないと思った」作品にかけた思いを語りました。

前田健さんの死因とは

前田健さんの死因は虚血性心疾患と公表されています。
新宿のパスタ店で食事を済ませ店を出た直後の24日午後7時10分頃に、東京都新宿区新宿3丁目の路上で突然嘔吐して倒れ、意識を失って、心肺停止状態で病院へ搬送されたそうです。ツイッターではパスタ店での様子を写真付きで伝え、さらにその50分前には「人はさ、近くの小さな夢と、遠くの大きな夢があったほうがいいね」とも記していました。翌日25日に一度蘇生しましたが、26日午前1時36分に、息を引き取りました。

前田健さんは脈の打ち方がおかしくなる不整脈を患っていたそうで、亡くなる直前に運動をしていたことから狭心症を発症していたのではないかともいわれています。
また、食事や煙草による日頃の不摂生もありました。ツィッターを見ると食生活にかなりの偏りがあることが一目見てわかります。こちらも病気に影響しているのではないでしょうか。

前田健さんの葬儀

前田健さんの通夜は5月2日午後6時、葬儀・告別式は3日午前10時から東京・代々幡斎場でしめやかに執り行われました。多くの関係者や堺正章さん、南野陽子さんら著名人約700人が弔問に訪れ、前田健さんとの別れを惜しみました。

取材に応じた堺正章さんは「まだ志半ば……。これから大きく花咲いていく人間だった。本人としては無念だったと思う」とコメントし、早すぎる別れを悔やみました。

前田健さんのお別れ会について

前田健さんのお別れ会については発表されていません。

しかし前田健さんが亡くなって三年後の2019年6月14日に「まえけん 追悼バースデーパーティー」が開かれています。生きていれば48歳の前田健さんの誕生日を祝いに、芸人のはなわさんやタレントの青木さやかさん、そしてファンの方々が集まったそうです。
亡くなってから三年が経っても多くの人に愛されていることがわかります。

前田健さんの葬儀まとめ

前田健さんの突然の死は多くの人に衝撃を走らせました。溢れる才能を振りかざしマルチに活躍した前田健さんからは、さまざまなことに挑戦し続ける真摯な姿勢が想像できます。たくさんの人がその才能に惚れ、暖かい人柄と芯の強さは多くの人に愛されました。何事にも熱心に、そしてひたむきに務める前田健さんの姿を見習いたいです。

電話をかける(無料) 資料請求