宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

著名人のお葬式

滝口幸広さんの葬儀 ~俳優のお葬式~

2019年11月13日に映画やバラエティ番組で活躍した俳優の滝口幸広さんがお亡くなりになりました。滝口幸広さんは、ミュージカル「テニスの王子様」やNHKの情報番組「あさイチ」など幅広いメディアで活躍していました。34歳という若さでの突然の死に俳優仲間や共演者からは悲しみの声があがりました。
今回は、そんな滝口幸広さんのお葬式・お別れ会について紹介していきます。

【目次】
1.滝口幸広さんはどんな人?
2.滝口幸広さんの死因と葬儀内容とは
3.滝口幸広さんのお別れ会
4.滝口幸広さんの葬儀まとめ

滝口幸広さんはどんな人?


滝口幸広さんは1985年5月29日に千葉県で生まれました。
中学、高校時代はサーフィンを趣味にしていたそうで、地元である千葉県の海でスカウトされてモデルの仕事を始めます。

高校三年生のころにウォーターボーイズの撮影現場を見て俳優業に興味を持ち、現在の所属事務所に履歴書を送りました。そのことがきっかけとなり、2004年に続編である「ウォーターボーイズ2」への出演で俳優デビューを果たします。
その後、「仮面ライダードライブ」などで俳優として活躍する一方で映画やバラエティ番組にも出演していました。
滝口幸広さんは舞台俳優としてもたくさんの作品に出演しています。2006年には大人気ミュージカル「テニスの王子様」に出演したことで「2.5次元俳優」として一躍有名になり、若い世代に知れ渡るきっかけになりました。テニスの王子様では劇中のセリフが空耳に聞こえることで、当時ファンの間で流行っていた空耳ブームに影響しファンに親しまれました。

ドラマや映画、舞台からバラエティ番組まで幅広い分野で活躍していた滝口幸広さんですが調理師免許も持っているほど、料理の腕前にも定評がありました。ご実家が千葉県でイタリアンレストランを経営されているそうで、お父さんに似て料理が得意だったと思われます。特技の料理を活かし、NHKの情報番組「あさイチ」の料理コーナーではアシスタントとして約8年間という長い期間にかけて出演していました。

滝口幸広さんは料理だけでなく、麻雀も得意だったようです。プロ雀士から「プロにならないか」と熱烈なオファーがあるほど腕前を持っていました。2019年にインターネット配信番組「Mリーグ駅伝」に出場した際は、トッププロを相手に大活躍したほどの打ち手だったようです。プロ麻雀士の方々とも交流があったようで、最強雀士の1人として知られる多井隆晴さんとも親しかったそうです。滝口幸広さんは多井隆晴さんに向けて「ヒーローだ」と話していました。

滝口幸広さんの死因と葬儀内容とは

滝口幸広さんの死因は「突発性虚血心不全」であると公表されています。
滝口幸広さんに持病はなく、これまでも病気による療養はありませんでした。体を動かすことが好きな滝口幸広さんは日頃からスポーツをしているほど健康そのものだったようです。急死の予兆もなかったとみられて、亡くなる二日前まではSNSでコメントを発信していることから何事もなく日常生活を送っていたことがわかります。

突発性虚血心不全には、心臓の動きが悪くなり、それを防ぐために交感神経が作動して胸痛や嘔吐などがある場合と、約1分以内で急変し死亡する場合の二種類があります。
短時間での心肺停止の場合、すぐに救急搬送されても蘇生できる例は稀なので、助かることは極めて困難といえます。

滝口幸広さんの葬儀は、ご家族の意向を尊重し、近親者のみで執り行われたと所属事務所から発表がありました。

滝口幸広さんのお別れ会

滝口幸広さんのお別れ会については発表されていません。

突然すぎる死を受けて、舞台やテレビドラマで共演した俳優や、声優など、幅広い分野の方から戸惑いの声と哀悼のコメントが寄せられました。
その中でも俳優の峰隆太さんとは家族ぐるみの付き合いだったそうで、得意の料理を振る舞いに峰隆太さんの家に訪れることもたびたびあったようです。亡くなる前日にも滝口幸広さんから「よろしかったら、明日食事を作りに行きます」とLINEを送っていたそうです。

「信じられません。10日も元気でした。気遣いながら場をもり上げる優しい青年。家族同然でした。」と話し、「今にも起きてきそうなお顔でした。涙が止まらなかった」と悲痛の声をあげています。

滝口幸広さんの葬儀まとめ

今回は俳優の「滝口幸広」さんの葬儀・お別れ会についてご紹介してきました。まだまだ活躍を期待された早すぎる死は、たくさんの方に惜しまれました。誰も予想していなかった突然の死は私たちにとっても無関係というわけではありません。いつもの日常がある日突然終わってしまう可能性もあります。滝口幸広さんの死は自分の人生を見つめなおすきっかけになったのではないでしょうか。

電話をかける(無料) 資料請求