宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

参列者マナー

香典を渡さない選択肢もあり?後の対応方法についても解説

お葬式やお通夜に参列する上での必需品の一つに「香典」がありますが、例えば、経済事情や当日何らかのアクシデントに見舞われてしまった等、渡したくても渡せない状況もあり得ます。そんな時に参列者の立場から香典を持参しないのはありなのかを、今回解説していきます。

【目次】
1.香典はなんのためにあるの?
2.香典の金額相場とは?
3.シチュエーション別の対応方法
4.今回のまとめ

香典はなんのためにあるの?

そもそも香典とはどのような性質を持っているのでしょうか。マナーの観点から必須とされてはいますが、誰のために渡すのかと疑問を持つ方も中にはいます。
香典とは、元来、故人の霊前に供えてもらうためのもので線香や花の代わりに渡すものです。また、香典をお供えの品の購入費に充ててくださいという意味合いも持っています。
日本において葬儀やお通夜をするのは決して安価とは言えません。施主側の負担が多いため、香典がそれらを執り行うための費用の一部にもなっていることもありますので、可能な限り香典は持参するようにしてください。

香典の金額相場とは?

香典として包む金額は、故人や遺族との関係性、年齢、社会的立場などによって変わります。葬儀の香典の金額相場としては、家族親族内で不幸があった場合で10,000円~100,000円、知人や友人の身内で不幸があった場合で5,000円~10,000円、近隣のご家庭や職場関係で不幸があった場合で3,000円~10,000円です。そのほか、地域の習わしとして、一般参列者は一律3,000円とするなど包む金額が決まっていることもあり、この場合には地域の習わしに従うという対応で良いでしょう。

シチュエーション別の対応方法


香典を渡すことができないという状況は様々考えられます。下記でシチュエーション別の対応方法を解説していきます。

対応方法

香典を忘れてしまった

前日までに準備を整えたものの、会場について受付で香典を渡そうとした時に香典を忘れてきてしまった・・・というシチュエーションは実際に起こりがちなトラブルの一つです。こうした場合は、まずは落ち着いて受付の方に香典を忘れてしまったことへの謝罪をしましょう。また忘れてしまった香典は、後日、現金書留で郵送するか、遺族の方の自宅に直接持参しましょう。

経済事情から香典を渡せない

経済事情は各家庭それぞれです。そのため葬儀やお通夜への参列のお誘いを受けたはいいが、香典を出すのが困難な可能性もあります。そうした状況が事前に分かっているなら、遺族側にそのことを伝えておきましょう。そして後日、余裕ができた時に香典をお渡しすれば問題ありません。

香典の受け取り辞退を伝えられている

遺族側から香典の受け取り辞退を伝えられることもあります。そうした場合は無理に香典を渡そうとせずに、遺族の意向に従うようにしてください。

今回のまとめ

今回は香典を渡さない選択肢もあり?というタイトルのもと解説を行ってきました。香典は葬儀・お通夜だけでなく回忌法要用時にもほとんど必須といってもよい持参品です。そのため可能な限り香典を渡すようにしたいものですが、もしもの時は本記事を参考にしてください。

【関連記事】
香典のマナーとは?金額や表書きの書き方、渡し方を解説!

電話をかける(無料) 資料請求