宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「生前のご相談」ページ

生前のご相談

「後悔先に立たず」は、
葬儀においても同様です。

多くの場合、人の死は突然訪れるもの。あらかじめ葬儀の内容が決まっていない場合、
ご家族は、大切な人が亡くなった悲しみに暮れる暇もなく、
ごくわずかな時間の中で葬儀社や葬儀の内容などの決定を迫られることとなります。

限られた時間の中で葬儀の準備をおこなうことは、
「故人様の遺志を反映できなかった」「慌ただしくて故人様を偲ぶ暇がなかった」など、
残されたご家族にとって満足な葬儀をおこなえない原因となってしまいます。
そのため、生前にご準備されることをおすすめいたします。

生前のご相談の流れ

  • 01
    お電話いただく

    まずはお電話ください

  • 02
    想送式の説明

    葬儀のご相談
    (想送式のご相談やメモリアルイベント内容等)

  • 03
    利用者情報のヒアリング

    資料のご確認
    (ご希望に沿った資料をお届けいたします)

想送式をご希望の方は、
必ず下記電話番号からお問い合わせください。

お坊さんのいないお葬式カスタマーセンター
24時間365日対応 通話無料 0120-096-000

生前に準備をおこなう
5つのメリット

残されるご家族の負担を軽減するためだけでなく、自分らしい最後を迎えるためにも、
いつか訪れる自身の死と向き合い、生前に葬儀を検討する方が増えています。

  • 01
    自身の人生と向き合うことができる

    自身の人生と
    向き合うことができる

    自身の人生と
    向き合うことができる

    人生の最後である葬儀について考えるということが残りの人生について考えるきっかけとなり、「これから先の時間を有意義に過したい」という前向きな気持ちになれるはずです。

  • 02
    時間にゆとりを持って準備することができる

    時間にゆとりを持って
    準備することができる

    時間にゆとりを持って
    準備することができる

    自身やご家族の希望をあらかじめ明確にしておくことで、葬儀の内容についてじっくりと検討できるだけでなく、複数の葬儀会社を比較することができるなど、葬儀までにゆとりを持って準備を進めることが可能です。

  • 03
    本人の意思を反映した葬儀を執りおこなうことができる

    本人の意思を反映した
    葬儀を執りおこなう
    ことができる

    本人の意思を反映した
    葬儀を執りおこなう
    ことができる

    「賑やかなことが好きだったので、皆と一緒に食事をしておくってほしい」「自分の葬儀のときは、孫にピアノを弾いてもらいたい」など、生前に自身の希望をご家族や葬儀社に伝えておくことで、自身の意思を最大限反映した葬儀を執りおこなうことが可能です。

  • 04
    葬儀に向けた資金計画を明確にすることができる

    葬儀に向けた
    資金計画を明確にする
    ことができる

    葬儀に向けた
    資金計画を明確にする
    ことができる

    事前に料金を把握することで今後の資金計画を立てることができるだけでなく、見積りを確認しながら葬儀の規模や内容の見直し、複数の葬儀会社を比較して検討することが可能です。

  • 05
    葬儀後のことを考えることができる

    葬儀後のことを
    考えることができる

    葬儀後のことを
    考えることができる

    執りおこなう葬儀の形式によって埋葬の方法や、地域によって火葬した遺骨の収骨方法が異なる場合があるため、遺骨をどのように供養してほしいのかという希望を生前に伝えておくことで、残されたご家族が葬儀後の準備を適切におこなうことが可能です。

生前のご相談の
お問い合わせ先

お坊さんのいないお葬式カスタマーセンター
24時間365日対応 通話無料 0120-096-000
電話をかける(無料) 資料請求